エジルにトルコ行きの話が浮上…フェネルバフチェが接触と現地報道

シェア閉じる コメント
アーセナルのエジルには以前から移籍のうわさが浮上していたが、ここにきてトルコの名門フェネルバフチェも獲得レースに参戦したことが明らかに。

アーセナルのドイツ代表MFメスト・エジルに、トルコ行きの話が浮上している。

トルコメディア『フォトスポル』が報じたところによると、フェネルバフチェはトルコにルーツを持つエジルを獲得する意向があり、クラブ幹部がすでにエジルの代理人に接触しているという。

エジルはアーセナルとの契約を2018年まで残しているが、今シーズン限りでアーセン・ヴェンゲル監督の退任が有力となり、チームもチャンピオンズリーグ出場権争いから脱落し、来シーズンの体制が不透明な状況となっていた。

その一方で同メディアによると、フェネルバフチェは現在UEFAのファイナンシャル・フェアプレー制度で規制の対象となっており「その問題がエジル獲得に向けて大きな障害になる可能性が高い」と、伝えられている。

エジルにはバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドなど複数のビッグクラブが関心を示しているだけに、その動向は引き続き夏の移籍市場を前に大きく取り沙汰されることになりそうだ。

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
決勝点献上のリンデロフに批判殺到「ユナイテッドではなくIKEAで働くべき」
次の記事:
「このままじゃ残留争い」武藤嘉紀が募らせた危機感と厳しすぎるマインツの状況とは?
次の記事:
ハダースフィールド指揮官、マンチェスター・U戦の勝利に「キャリアで最も誇れる瞬間」
次の記事:
鹿島DF昌子源、味方のミスから失点も「誰かのせいにすることは無意味」…サポーターとの結束を訴える
次の記事:
本田圭佑が先発出場でポスト直撃FK…パチューカは4試合ぶりの勝利/リーガMX第14節
閉じる