エジルが明かすヒーローとは?「完璧な選手」「少年時代から魅了されてきた」

シェア閉じる コメント
かつてレアル・マドリーでプレーしたエジル。憧れのスターとともに過ごせた時間は天才テクニシャンにとっても特別だったようだ。

アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジルは、自身のヒーローについて明かしている。クラブ公式サイトが伝えた。

エジルは2013年にレアル・マドリーを去り、アーセナルに加入した。3年に渡ってスペインでプレーしたが、エジルは憧れの人物とともに過ごせたことは幸せだったと振り返っている。

「ジネディーヌ・ジダンは常に完璧な選手だと思っていた。両利きで、ゴール前でも危険な存在になれる。守備でも強いし、空中戦は強く、ファーストタッチは信じられない」

「多くの人々は、僕にジダンを思い出させるプレースタイルだと言ってくれた。僕は常にジダンに魅了されてきたから当たっているかもね。少年時代から彼を見て、ああなりたいと思っていた。彼は僕のアイドルなんだ」

レアル・マドリーでともに仲間として過ごした時間は、エジルにとって特別だったようで、このように振り返っている。

「彼と実際に会って、人間性やパーソナリティを知れたのは本当に嬉しかった。僕にとって特別な瞬間だったよ」

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ボス監督「シンジは優れた技術を持つ」元Jリーガー指揮官が認識する日本人の特性とは?
次の記事:
A・サンチェスが“生粋の点取り屋”ラカゼットを絶賛「彼のプレースタイルは気に入っている」
次の記事:
武藤嘉紀「ハセさんたちを負かす」シャルケ戦の黒星を悔やむも次節に意気込む
次の記事:
サッカー好きの雑誌編集長が語る、注目の若手選手とは。/AWARD SUPPORTERSインタビュー
次の記事:
イブラヒモビッチは年内に復帰か…モウリーニョとA・コールが「12月」の復帰を予想
閉じる