インテル、バルセロナのラフィーニャ獲得へ正式オファー…無償レンタルを提案か

シェア閉じる コメント
イタリアメディアはラフィーニャのインテル移籍の可能性を伝えた。

インテルはMFラフィーニャ獲得へ向けてバルセロナへ正式オファーを提示した。イタリアメディア『スカイスポーツ』が11日、報じている。

インテルはバイエルン・ミュンヘンに所属するMFチアゴ・アルカンタラの弟で24歳のラフィーニャ獲得を目指し、既に選手の代理人とも交渉を開始している。これを踏まえ、同クラブはバルセロナへ正式オファーを提示した模様だ。

インテルはシーズン終了までの無償レンタルを希望。2000万ユーロ(約26.8億円)にボーナス300万ユーロ(約4億円)を加える形での買い取りオプションを提案している。今後、バルセロナがオファーを検討することになるが、金額の引き上げを求める可能性が高い。

ラフィーニャは昨年4月のグラナダ戦で右ひざ内側半月板を損傷。8カ月にわたる戦線離脱を余儀なくされた。このためインテルは同選手のフィジカルコンディションを不安視しており、買い取り義務を回避したい意向だ。

バルセロナMFは中盤のすべてのポジションをこなすことができる上、右ウィングでのプレーも可能だ。ルチアーノ・スパレッティ率いるインテルにおいて貴重な戦力となりうる。ただ当初、インテルは、主将FWマウロ・イカルディのサポート役となるトップ下の選手の獲得を目指しており、『プレミアム・スポーツ』からはラフィーニャの同ポジションでの資質を問う声も上がっていた。今後の動向は注目されるところだ。

▶セリエAを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
人類最速のウサイン・ボルト氏、豪クラブへのトライアル参加は未定に…
次の記事:
アリソンの退団決定的もローマFWは強気の姿勢…主力が続々退団も立ち直ってきた過去
次の記事:
森岡亮太の移籍をアンデルレヒトが容認か…複数の現地メディアが放出の可能性を報道
次の記事:
14戦勝利なしでも“流儀”は変えない風間監督「我々の姿が戻ってきた確信ある」
次の記事:
アーセナル、さらなる補強のために数名を放出か…ウェルベックやモンレアル、GK勢が売却候補に
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する