「イングランド人はダイブのマスター」ヴェンゲルがトッテナム指揮官の発言に皮肉

シェア閉じる コメント
フランス人指揮官はシミュレーションは認められるものではないと話した。

アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督が、イングランド人選手について“ダイブのマスター”と皮肉った。

ドローに終わったリヴァプールとトッテナムの一戦で、デレ・アリはペナルティエリア内でダイブを試み、警告を提示される。以前から“ダイブ癖”のある同選手が試合中にシミュレーションで警告を受けたのはこれで3回目。アダム・スミス、ラヒーム・スターリング、ウィルフリード・ザハら他のイングランド籍選手も同様にダイブとみなされ複数回イエローカードを受けている。

リヴァプール戦後、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督はアリのダイブを受け「フットボールは相手をだます競技」と主張し、同選手の行為を弁解したが、10日にトッテナムとの“ノースロンドン・ダービー”を控えるヴェンゲル監督は、イングランド人はダイブが得意だと話した。

「彼(ポチェッティーノ監督)は、相手を錯乱させるだけずる賢くなれと言いたかったのだと思う。だから、ダイブについて謝罪する意思はないのだろう」

「私が思うに、試合中にダイブは認められるものではないし、無くさなければならない。昔は非常に多くの外国人選手がダイブを行っていた。しかし、イングランドの選手はそれをいち早く学び、今ではダイブのマスターだ」

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
酒井宏樹、セネガル戦でエースのマネを抑えた秘訣は「アプリで研究」
次の記事:
ポーランド、W杯GL敗退で内紛?レヴァンドフスキが不満爆発「クオリティーがない」
次の記事:
“強力なグループ“で負けなしの日本を独誌も称賛「アウトサイダーと見られていたが…」
次の記事:
長谷部誠、世界中の話題をさらったオフサイドトラップは「駆け引きの一つになる」
次の記事:
大迫勇也、引き分けで決勝T進出も最終節ポーランド戦は「勝ちに行く覚悟が必要」
閉じる