イニエスタはCLチェルシー戦も欠場か…バルベルデ「危険な目に遭わすわけにはいかない」

シェア閉じる コメント
スペイン代表MFをチェルシー戦に起用するかの最終判断はまだできていないようだ。

バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督は、MFアンドレス・イニエスタの起用には慎重のようだ。

4日に行われたアトレティコ・マドリー戦でハムストリングスを負傷したイニエスタは、先週末のマラガ戦も欠場していた。13日の全体練習には参加したものの、コンディションが不安視されていた。

バルベルデ監督は、14日に行われるチャンピオンズリーグ・ラウンド16セカンドレグのチェルシー戦で起用するかどうかの最終判断をしかねているようだ。

「彼はトレーニングで良いプレーを見せていたが、出場できるかどうかの決定はまだできていない。重要な試合だが、100%の状態でなければプレーは難しい。明日は勝利が必要で、ある程度のリスクを負わなければならないが、過剰なリスクは禁物だ。それに選手を危険な目に遭わすわけにはいかない」

なお、第3子誕生のためにマラガ戦を欠場したFWリオネル・メッシは登録メンバーに復帰している。

また、チェルシー戦について「彼らが攻めてくるのか守ってくるのかわからない。しかし、彼らのセットプレーとカウンターアタックには用心しなければならない」と指揮官は警戒を強めている。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
14戦未勝利で窮地の名古屋、松本からレフティー前田直輝を緊急補強!完全移籍で獲得
次の記事:
頭部強打の柏GK中村航輔、2度目の脳しんとうと診断…入院して今後の経過を観察
次の記事:
レアル行き報道過熱も…新指揮官サッリがアザール放出を否定「成長を手助けできる」
次の記事:
フランス・デシャン監督、ベルギーからの戦術批判を気に留めず「スポーツの一部」
次の記事:
W杯での傾向を浦和に。トレンド取り入れ完遂のオリヴェイラ監督「価値ある勝利」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する