アーセナル8年目のコシールニー、移籍は考えず…ヴェンゲル監督に忠誠誓う

シェア閉じる コメント
移籍のうわさもあるコシールニーだが、本人はまったく考慮に入れず。クラブと指揮官に忠誠を誓っているようだ。

アーセナルに所属するフランス代表DFローラン・コシールニーは残留しか考えていないと話している。クラブ公式サイトが伝えた。

2010年からアーセナルでプレーするコシールニーは1月に契約を2020年まで延長。マルセイユやバイエルン・ミュンヘンといったクラブが獲得に興味を示しているとも伝えられるが、本人はガナーズでのプレーに将来があると考えているようだ。

「仕事を楽しみ、チームに全力を注ぐためにここにいる。初めてきたとき、こんなに長くいることになるとは思わなかった。今は8年目を始めようとしているわけだからね」

アーセナルで200試合以上に出場するコシールニー。ボスであるアーセン・ヴェンゲル監督の力によるところも大きいと認めている。

「彼が僕をフランスから連れてきて、アーセナルでプレーするためのチャンスを与えてくれた。そして人間としての成長も促してくれたんだ。クラブとボスにも忠誠を誓っている。ここにいられて幸せだし、彼がいるから戦うんだ。素晴らしい人間だからね」

▶サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
バイエルン、エースのバックアッパーを20億円で獲得へ…下部組織出身のドイツ代表
次の記事:
J2降格の大宮、38歳FW播戸竜二と契約更新せず「必要としてくれるチームと地域のために戦う」
次の記事:
広島、今季J2で23得点のFW渡大生が完全移籍で加入「できることを日々100パーセントやりきる」
次の記事:
ダービーフル出場も…マルセイユDF酒井宏樹は低評価「無害であることが露呈」
次の記事:
インテル初黒星も長友佑都に朗報?ライバルが最低点の評価「壊滅的」と辛辣な意見も
閉じる