アンリ、マンチェスター・Uと再契約のイブラについて「プレミアリーグ優勝を強く望んでいる」

シェア閉じる コメント
ユナイテッドでプレーを続けることが決まった元スウェーデン代表FWは、依然としてチームに大きな影響与えられるようだ。

ティエリ・アンリ氏は、マンチェスター・ユナイテッドと再契約を結んだズラタン・イブラヒモビッチがプレミアリーグ制覇を強く望んでいると語っている。

昨シーズン終了後にユナイテッドとの契約が満了し、無所属となっていたイブラヒモビッチだが、24日に同クラブと1年間の再契約を結ぶことが決定。昨シーズン、EFLカップとヨーロッパーリーグでの優勝に貢献するも、リーグ戦6位とプレミアリーグ制覇には手が届かなかった元スウェーデン代表FWが、今シーズンのリーグタイトル獲得を強く望んでいるとアンリ氏は感じているようだ。

元フランス代表FWは、『スカイスポーツ』で「ズラタンにとって大きな挑戦になる。彼はリーグ制覇を成し遂げていないから、プレミアリーグで優勝し、他の国に続いてイングランドも征服したいはずだ」とイブラヒモビッチはリーグ制覇を熱望していると語った。

続けて「これは別にサプライズではない。私が仮にそのチーム一員だったら、ズラタンのような男をチームに引き留めたい。彼が近くにいることは、ロメル・ルカクやマーカス・ラッシュフォードにとって利益のあることだ」と同選手の影響力についても言及している。

4月のアンデルレヒト戦で膝に重傷を負ったイブラヒモビッチは、5月に手術を受け、現在復帰に向けてトレーニングを行っている。同選手の復帰は12月以降とされているが、アンリ氏は半年間でも十分にチームに貢献できると考えているようだ。

「彼が復帰後に受傷前の状態のようなプレーができるか疑問を持っている人もいるだろう。しかし彼は負傷前のようなプレーができると信じている。ソーシャルメディアを通じて発信しているように彼の膝は大丈夫だ。そのことについて私は何の疑いも持っていない」

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
リネカー氏がベンゼマを酷評「過大評価」「素晴らしい選手ではなく適度な選手」
次の記事:
規律を重んじるペップ、選手に英語の習得を要求...オタメンディは「12月に試験がある」
次の記事:
横浜FCのDF永田拓也が右膝後十字靭帯損傷により全治4カ月…今季24試合に出場し1得点
次の記事:
好守連発、両エースを差し置いて主役となった守護神ロリス&K・ナバス
次の記事:
広島DF千葉和彦に第1子誕生…東海大相模高DF山口竜弥が来季よりG大阪へ加入/Jリーグニュースまとめ
閉じる