アトレティコ、U-21EURO得点王サウールとの契約を2026年まで延長…契約解除金は120億円以上に

シェア閉じる コメント
契約を5年延長

アトレティコ・マドリーは1日、スペイン代表MFサウール・ニゲス(22)との契約を2026年まで延長したことを発表した。

U-21EUROで5得点を記録して得点王に輝き、移籍報道が盛んとなっていたサウールだが、以前より取り組んでいたアトレティコとの契約延長交渉が合意に達した。これまでアトレティコと2021年まで契約を結んでいたサウールだが、それを5年間延長している。

アトレティコの下部組織出身選手は、今回に契約延長に際して、次のようにコメントした。

広告

「本当に満足している。アトレティは家族であり、これ以上の居場所なんてないんだよ。クラブから寄せられた信頼に応えるため、これまで通りピッチですべてを出し尽くす。日々にわたって僕を助けてくれ、自分を今のような選手としてくれたチームメート、コーチ陣には感謝をしたい」

なおサウールの契約解除金は8000万ユーロ(約102億円)に設定されていたが、今回の契約延長により1億ユーロ(約120億円)以上になったとみられている。

リーガ・エスパニョーラのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
バイエルン、エースのバックアッパーを20億円で獲得へ…下部組織出身のドイツ代表
次の記事:
J2降格の大宮、38歳FW播戸竜二と契約更新せず「必要としてくれるチームと地域のために戦う」
次の記事:
広島、今季J2で23得点のFW渡大生が完全移籍で加入「できることを日々100パーセントやりきる」
次の記事:
ダービーフル出場も…マルセイユDF酒井宏樹は低評価「無害であることが露呈」
次の記事:
インテル初黒星も長友佑都に朗報?ライバルが最低点の評価「壊滅的」と辛辣な意見も
閉じる