アトレティコCEOがグリーズマンに忠告「ここでなら、歴史を築ける」

コメント

アトレティコ・マドリーのミゲル・アンヘル・ヒル・マリンCEOが、FWアントワーヌ・グリーズマンの去就について自身の見解を示している。

アトレティコは2022年まで契約を残すグリーズマンの契約解除金を1億ユーロ(約130億円)に設定しているとされる。しかしながら同選手に関心を寄せるバルセロナが、1億2000万ユーロ(約156億円)程度の移籍金を準備して獲得に動こうとしていることが伝えられている。

ヒル・マリンCEOはスペイン『カデナ・セール』で次のように話している。

「グリーズマンの感覚次第だろう。それ以外の何物でもない。アトレティコでは、周囲のサポートを得ている。ここでなら、彼は歴史を築ける。だが、他クラブでは歴史に名を刻むことはできないだろう。そういうクラブに行くかどうかだ」

グリーズマンは16日のヨーロッパリーグ決勝マルセイユ戦で2得点を記録。3-0の勝利に貢献し、アトレティコにタイトルをもたらした。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
ベンフィカのレジェンド、元ブラジル代表DFが引退「ここで一人の男になった」
次の記事:
2年連続ACL行きへ巻き返し誓うC大阪。主将・山口蛍が終盤戦のキーマンに
次の記事:
恩師・モウリーニョに勝った指揮官ランパード、PK戦直前の会話を明かす
次の記事:
バイエルン、ホームでまさかの連勝ストップ…ミュラーも不満げ「2ポイント失った」
次の記事:
原口元気、新天地ハノーファーで「居場所はない」?独紙が厳しい出足と分析
閉じる