アトレティコCEOがグリーズマンに忠告「ここでなら、歴史を築ける」

シェア閉じる コメント

アトレティコ・マドリーのミゲル・アンヘル・ヒル・マリンCEOが、FWアントワーヌ・グリーズマンの去就について自身の見解を示している。

アトレティコは2022年まで契約を残すグリーズマンの契約解除金を1億ユーロ(約130億円)に設定しているとされる。しかしながら同選手に関心を寄せるバルセロナが、1億2000万ユーロ(約156億円)程度の移籍金を準備して獲得に動こうとしていることが伝えられている。

ヒル・マリンCEOはスペイン『カデナ・セール』で次のように話している。

「グリーズマンの感覚次第だろう。それ以外の何物でもない。アトレティコでは、周囲のサポートを得ている。ここでなら、彼は歴史を築ける。だが、他クラブでは歴史に名を刻むことはできないだろう。そういうクラブに行くかどうかだ」

グリーズマンは16日のヨーロッパリーグ決勝マルセイユ戦で2得点を記録。3-0の勝利に貢献し、アトレティコにタイトルをもたらした。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
ガラタサライに続きベジクタシュも香川真司に関心を示す…日本代表MFのトルコ行きに現実味?
次の記事:
トッテナムとソン・フンミンが2023年までの新契約に合意…同日にラメラとも契約延長締結
次の記事:
W杯期間中に追放されたクロアチアFW、準優勝メダルの受け取りを拒否「もらう資格がない」
次の記事:
名将トラパットーニ氏、C・ロナウドのセリエA加入を歓迎「ウィリアム・テルのように」
次の記事:
ローマSD、アリソン放出の正当性を主張「野望の欠如ではない」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する