アトレティコ退団発表のF・トーレス代理人が新天地を明言「アメリカか中国」

コメント
今季終了後に幼少時代のクラブから再び離れるトーレスは欧州でプレーを続けるつもりはないようだ。

FWフェルナンド・トーレスがアメリカか中国に新天地を求める可能性があると、代理人が明かしている。

幼少期からアトレティコ・マドリーで過ごし、一時は国外でプレーするも再び2015年から同クラブでプレーするトーレスは9日、今シーズン終了後にアトレティコ・マドリーを退団することを発表。来シーズン以降の去就が未定となった同選手だが、どうやらスペインから離れることになるようだ。

代理人業を務めるバイーア・インテルナシオナルのアントニオ・サンス氏は『ラジオ・マルカ』で「まだ新チームは決まっていないが、いくつかの考えを持っている。オプションの1つがアメリカ、もう1つは中国だ」と明言。一方で、トーレスがヨーロッパでキャリアを続ける考えは少なく、中東のクラブに行くつもりもないと同氏が話している。

トーレスは2015年のアトレティコ復帰以降、リーガ・エスパニョーラで100試合に出場して25得点を記録している。

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
R・サンチェスが恩返し弾…キミッヒはベンフィカサポーターの反応に感銘「見たことがない」
次の記事:
新体制のアーセナル、アルゼンチン代表FWをトップターゲットに?最低でも66億円必要か
次の記事:
世界チャンピオンとなったポグバがマンチェスター・Uで輝ける日は来るのか
次の記事:
レノがアーセナル初出場へ…指揮官が明言「ELでプレーする。ある点ではチェフよりも優れている」
次の記事:
失点関与の浅野拓磨にハノーファー監督から励ましの言葉「下を向くことはない。誰でもミスをする」
閉じる