アトレティコ、ベロッティ獲得に72億円準備か...ジエゴ・コスタ獲得失敗に備えセリエA得点王を狙う

シェア閉じる コメント
「ヴィエリ2世」をアトレティコ・マドリーがリストアップしている模様だ。

アトレティコ・マドリーは、トリノに所属するイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ獲得に向け、巨額の移籍金を準備しているのかもしれない。

以前からチェルシーFWジエゴ・コスタの復帰を目指しているアトレティコだが、同選手の再獲得に失敗した場合、ベロッティ確保に動く模様だ。スペイン『カデナ・コペ』の“パルディダッソ”によれば、アトレティコはイタリア人ストライカーを引き入れるため6000万ユーロ(約74億円)の移籍金を準備しているという。

ベロッティのトリノとの現行契約は、2021年までとなっている。トリノのウルバーノ・カイロ会長は、23歳FWを狙うクラブに対して1億ユーロ(約124億円)の移籍金を求めているとみられる。昨夏には、アーセナルが同選手獲得に向けてオファーを出していた。

ベロッティは今季のセリエAで36試合27得点を記録している。類まれな得点能力によりマンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマンなどの関心も引き付けている。

次の記事:
決勝点献上のリンデロフに批判殺到「ユナイテッドではなくIKEAで働くべき」
次の記事:
「このままじゃ残留争い」武藤嘉紀が募らせた危機感と厳しすぎるマインツの状況とは?
次の記事:
ハダースフィールド指揮官、マンチェスター・U戦の勝利に「キャリアで最も誇れる瞬間」
次の記事:
鹿島DF昌子源、味方のミスから失点も「誰かのせいにすることは無意味」…サポーターとの結束を訴える
次の記事:
本田圭佑が先発出場でポスト直撃FK…パチューカは4試合ぶりの勝利/リーガMX第14節
閉じる