アトレティコ、バレンシアとの開幕戦は互いに譲らずドロー/リーガ第1節

コメント
昨季2位と4位の好カードは、勝ち点1を分け合う結果に終わった。

現地時間20日、リーガ・エスパニョーラは第1節が行われ、アトレティコ・マドリーとバレンシアが対戦した。

昨シーズンの2位(アトレティコ)と4位(バレンシア)による好カード。試合前の会見でアトレティコのディエゴ・シメオネ監督は「我々ととても似たプレーをする」と評したが、どちらもカウンターを得意とするため、相手の出方を窺う静かな立ち上がりとなる。

新戦力のトマ・ルマルが果敢に仕掛け、ジエゴ・コスタも前線で存在感を発揮するアトレティコだが、バレンシアの守備を破れず、思うようにシュートで終わることができない。一方のバレンシアも、アトレティコの堅守に手を焼き、ダニエル・ヴァスがミドルレンジから狙うものの枠を捉えきれず。拮抗した展開のまま、20分過ぎにはウォーターブレイクが設けられた。

給水による中断が終わると、試合がにわかに動き出す。26分、右サイドからカットインしたアントワーヌ・グリーズマンのスルーパスに抜け出したアンヘル・コレアが、ペナルティーエリア内右から冷静にGKネトとの1対1を沈めてアトレティコが先制する。

1点をリードしたアトレティコほど、厄介なチームはいない。よりゴール前を固くしたアトレティコ相手に、追いかけるバレンシアはロドリゴが強烈なミドルシュートを放つも枠の上。アトレティコが1点をリードしたまま試合を折り返した。

後半、1点を追いかけるバレンシアが前がかりに攻めると、当然、その裏のスペースを狙ってアトレティコが追加点を窺う。52分、右サイドを抜けたコレアの折り返しが、ファーサイドでフリーとなっていたコスタの元へ。しかし、わずかにタイミングが合わず、逆サイドに流れてしまう。

すると56分、バレンシアが少ないチャンスを活かして同点に追いつく。ペナルティーエリア左で浮き球のパスを受けたヴァスがダイレクトで中央に折り返すと、頭でクリアしようとしたディエゴ・ゴディンが触れず、後ろにいたロドリゴが胸トラップから落ち着いてボレーを叩き込んだ。

63分、アトレティコはルマルに代えてビトロ、72分にはグリーズマンを下げてジェウソン・マルティンスを投入。バレンシアも67分にエセキエル・ガライに代えてムクタル・ディアカビ、サンティ・ミナに代えて古巣対決となるケヴィン・ガメイロ、さらに76分にはミチー・バチュアイも投入して勝ち越しゴールを狙う。

一進一退の拮抗した展開の中、88分にビッグチャンスを得たのはバレンシア。カウンターから、バチュアイのパスをペナルティーエリア内右で受けたヴァズのシュートは、GKヤン・オブラクが素晴らしい反応で防ぎ、ピンチをしのいだ。

終了間際には、ゴール正面やや右、約25メートルからのFKをアトレティコが獲得する。しかし、サウールのキックは枠の外。さらにラストプレーではロングパスからガメイロが抜け出す決定機がバレンシアに訪れるが、シュートはGKオブラクがストップ。試合は1-1のドローに終わった。

■リーガ第1節
バレンシア 1-1 アトレティコ・マドリー

■得点者
バレンシア:ロドリゴ(56分)
アトレティコ:コレア(26分)

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
井手口陽介、2試合連続先発…中盤で唯一フル出場もフュルトは初黒星
次の記事:
両日本人先発のHSV、悪夢の5失点大敗で首位陥落…伊藤達哉は存在感発揮もゴールに絡めず
次の記事:
今季6戦全勝もプレー内容で批判受けるバルセロナ…バルベルデ「人々が思っているほど簡単じゃない」
次の記事:
ニューカッスル、モドリッチ獲得のチャンスを捨てた過去。理由は…
次の記事:
S・ラモスの過剰な攻撃参加に西メディア警鐘…ロペテギ「指示していたわけではない」
閉じる