アトレティコ、シメオネとの契約延長を目指す…目標は2020年まで

シェア閉じる コメント
スペイン『アス』が報じる。

アトレティコ・マドリーが、ディエゴ・シメオネ監督との契約を延長することを目指しているようだ。スペイン『アス』が報じている。

昨夏に契約期間を2018年まで短縮したアトレティコとシメオネ監督。シメオネ監督はその理由を「重要なのは、そのときにある事実とともに何を感じられるか、だ。契約を延長する可能性はある」と説明していたが、契約期間が残り1年となったことで、アトレティコ側は契約延長の動きを見せているという。

アトレティコはシメオネ監督との契約を最長で2020年まで契約することを目指し、現在準備を進めている模様。同クラブはレアル・マドリー、バルセロナと競い続ける上でシメオネ監督の存在は欠かせず、また補強を行う上でも、そのカリスマ性が獲得を狙う選手にとって大きな魅力になると考えているようだ。

リーガ・エスパニョーラのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
柴崎岳所属のヘタフェを率いるボルダラス監督...指導を志して25年で1部の舞台に
次の記事:
シメオネ、アトレティコは「有刺鉄線上で生きている」...指揮官を成り上がらせたものは「恐怖」
次の記事:
スペインメディア、アルジャジーラGKを「まるで若林君」と形容...レアル戦は「小説のような試合」
次の記事:
レアル・マドリー、冬の補強はクラブW杯結果次第か...FW補強の可能性も
次の記事:
ドルトムント、ロイスがボールを使った練習を再開…だが復帰時期は来年3月で変わらず
閉じる