アトレティコが獲得狙うビトロ、冬まで古巣ラス・パルマスでプレーも問題なしか

シェア閉じる コメント
「ラス・パルマスに戻れるのは素晴らしい」とコメント。

アトレティコ・マドリーが獲得を狙うセビージャMFビトロは、一時的に古巣ラス・パルマスでプレーすることを歓迎している様子だ。

ディエゴ・シメオネ監督が獲得を熱望しているとされるビトロだが、FIFAによって今夏の選手登録を禁じられているアトレティコは、冬の移籍市場で正式に獲得できるまで同選手を他クラブでプレーさせる考えとされる。その橋渡し的な役割を担うクラブと見られているのが、同選手の古巣ラス・パルマスだ。

広告

ビトロ本人は一度古巣に帰還することを歓迎している。スペイン『マルカ』が同選手のコメントを伝えた。

「現時点では何も言うことができない。今後に起こることを見てみないとね。もちろん、ラス・パルマスに戻れるのは素晴らしいと思う。ここには父も、家族も、友達もいるからね……。だけど、現時点では何も言うことができないんだ」

リーガ・エスパニョーラのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
レアル・マドリー、アポエル戦の勝ち点3獲得で傷を“縫合”できるか...26年連続CLグループ突破懸かる
次の記事:
ネイマール、ビッグタイトル獲得に野心「CLとW杯を獲りたい」
次の記事:
A・モレノ、コウチーニョを絶賛「彼はトップ・オブ・トップの選手」
次の記事:
C・ロナウド、CLではチームの得点占有率75%...リーガにおいては4%
次の記事:
ハンブルガーSV伊藤達哉、契約自動更新まであと3試合…クラブは慰留へ複数年契約も用意か
閉じる