わずか1年で立場が変わったイカルディ…抗議の的からスタンディングオベーションの主役に

シェア閉じる コメント
マウロ・イカルディは1年前、自伝本を出版してサポーターから抗議を受けた。しかし今シーズンは大きな目標を夢見るインテルのけん引役となっている。

ちょうど1年前の出来事だ。マウロ・イカルディは自伝本で綴ったインテルサポーターへの辛辣な内容について、サポーターから抗議を受けていた。しかし当時、猛抗議をして自宅前まで押し掛けたサポーターは今、彼に感謝しているだろう。

イカルディは今シーズン、好調インテルの絶対的エースとなっている。ミラノダービーでのハットトリックを始め、今季はゴールを量産しており、インテルサポーターは目標とするヨーロッパの舞台へ復帰する望みを彼に託している。2011 -12シーズン以来チャンピオンズリーグから遠ざかっているインテルにとって、今季はまたとないチャンスである。24歳のイカルディにとってもそれは同じだ。通算得点は100ゴール近くに迫るが、彼はかの有名なアンセムを聞き、プレーする名誉をいまだ経験していない。

もちろんこの先の道のりはまだ長い。だからこそ、チームメイトもファンも夢を託す相手がイカルディに他ならないのだ。昨年の10月16日のできごとは、イカルディにとって自身のキャリアにおける最悪の瞬間だったかもしれない。サポーターは抗議のチャントを歌い、横断幕を掲げた。彼の元には脅迫文や声明文が届き、自宅前まで押し掛けるサポーターも現れた。そしてついには移籍のうわさまで流れた。

それから1年の月日が流れたが、今となっては、それももはや遥か遠くの出来事に聞こえる。以降、イカルディは公式戦において30ゴール以上を挙げており、キャプテンとしてまさにチームをけん引している。

Mauro Icardi

おそらく彼にとってそこからの1年間は、充実していたに違いない。4年の時を経てアルゼンチン代表にも復帰した。エドガルド・バウサがチームを率いていたときはこのアタッカーに目が向けられることは決してなかったが、後任のホルヘ・サンパオリは2018年ロシア・ワールドカップ南米予選という本大会出場を懸けたミスが許されない試合において、彼を代表チームに復帰させた。

代表でイカルディはまだ初ゴールを記録していないが、ワールドカップへ向けて大きな一歩を踏み出していることは間違いない。同ポジションのゴンサロ・イグアインよりも選出のチャンスは大きいだろう。

ゴールを量産するイカルディは、大きな目標を夢見るインテルにとっても心強い存在だ。インテルとの決別を予感させたあの”地獄”のような日から1年が経った今、あれは物語の終わりではなく、始まりだったのだとはっきりと言えよう。

文=レナト・マイサーニ/Renato Maisani

次の記事:
酒井高徳、同僚MFの決心を称賛…ホルトビーは大幅減俸で2部降格HSVと合意との報道
次の記事:
デンマーク代表監督、W杯同組のフランスは「FIFAランクほど強くない」
次の記事:
伊監督、愛弟子バロテッリに期待「彼を信じている」FIFAランク20位には「怒り」
次の記事:
レアル、アセンシオへの190億円オファーを拒否…契約解除金は900億円
次の記事:
ミュラーが語るバロンドール有力候補は?「世界中が新たな選手を待っている」
閉じる