ついにPO圏外転落も…アルゼンチン代表指揮官はW杯出場に自信「希望を持っている」

シェア閉じる コメント
厳しい状況に追い込まれたアルゼンチンだが、ロシア行きへ自信を見せている。

ロシア・ワールドカップ南米予選第17節が5日に行われ、5位のアルゼンチンはホームで4位ペルーとスコアレスドローに終わった。厳しい状況に追い込まれたホルヘ・サンパオリ監督だが、本大会出場に自信を持っている。『telam』が伝えた。

地力突破のために勝利が必要不可欠であったアルゼンチン。しかし、ホームで最後までゴールを奪えずまさかのスコアレスドローに終わった。一方で、6位のチリはエクアドルに終盤追いつかれたものの、直後にアレクシス・サンチェスが勝ち越しゴールを決めて2-1で勝利した。

この結果、アルゼンチンはプレーオフにも回れない6位に後退。前回大会準優勝国が、W杯行きを逃す危機に瀕している。しかしサンパオリ監督は、ロシア行きを確信している。

「信念と希望を持っている。今日の試合のような強い信念を持ってプレーすれば、W杯行きは間違いないだろう。状況は良いものではないが、全ては自分たちにかかっている。(自信は)選手たちの表情に裏付けられている」

次の記事:
「22億円ならバーゲン」退団濃厚のウェルベック、争奪戦に発展か…アーセナルOBが予想
次の記事:
チェルシー行きのうわさが浮上、シュマイケルをデンマーク指揮官が絶賛「世界で3本の指に入るGK」
次の記事:
5月にファンから襲撃されたドスト、主力退団続出もスポルティングとの契約延長を決断「大切な居場所」
次の記事:
ミニョレ代理人がリヴァプール退団を示唆「数日中に決まる」…新天地候補にはバルサが急浮上
次の記事:
パリSG指揮官トゥヘル、ムバッペらの合流を心待ちに「彼らのW杯はあまりに長すぎた」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する